手数料がかからない

戸建て

賃貸物件を借りるにあたっては、毎月の支払うを行うことになる家賃とは別に、契約時に支払うことになる初期費用という費用が必要となるケースが大半を占めています。この初期費用は、それぞれ借りる物件の毎月の家賃一か月分から二か月分ほその支払いとなる費用となっており、敷金と礼金、家賃の前払い金並びに仲介手数料という費用の支払いが必要となってきます。つまり、家賃5万円の賃貸物件を借りる場合、初期費用としては20万円から40万円程の費用が初期費用として必要となってくるのです。しかし、契約時に不動産契約業者を介した契約をした際に支払う仲介手数料に関しては、仲介手数料無料の物件を探すことが可能となっている点は見逃せないポイントです。これによって、初期費用を大幅に節約することが可能となるのです。

仲介手数料無料の賃貸物件は、多くの不動産仲介業者でサービス物件として提供されており、また中にはすべての賃貸物件において、仲介手数料無料での紹介を行なっている不動産仲介業者なども見かける事ができるようになってきています。これは、その賃貸物件を一括管理しているからこそ可能なサービスとなっています。つまり、賃貸物件の借り手からではなく、貸し手となるオーナーから仲介手数料を取ることで、仲介手数料無料の物件を紹介することが可能なシステムとなっているのです。こういった物件は、少子高齢化問題による需要の減少や、全国規模での空き家問題などが浮上している中、ますます数を増やしていくことが予想されています。積極的に探していき、お得な契約を交わすといいでしょう。