手数料を把握する

中古の家

賃貸契約を結ぶ際には不動産会社による仲介を受けるのが一般的です。そのため、その契約が成立した暁にはその報酬あるいはお礼としての仲介手数料を不動産会社に支払うkとになります。これは不動産会社の申し出に応じて支払うものであり、法律上に定められたものとなっています。 その法律上は原則として貸し手と借り手がそれぞれ家賃の半月分を上限として支払うこととなっています。ただし、同意がある場合には家賃の一ヶ月分を上限として片方から多く受け取り、総額が家賃の一ヶ月分以下になるようにしても構わないという内容が記されています。実際には借り手が家賃の一ヶ月分を仲介手数料として支払うことになっているのが一般的な傾向です。

こういった法律が一般にはあまり認知されていなかったことから、賃貸契約書にサインをしている時点において不動産会社としては借り手が1ヶ月分を支払うことに同意したと見なしていました。不動産会社としては仲介手数料が賃貸契約における唯一の収入であるため、できるだけ大きくしたいということが裏にはあります。しかし、そういった法律に対する認識の高まりから仲介手数料について契約の際に交渉が行われることが多くなってきました。そこに不動産会社間での顧客獲得競争の影響が相まってきたことにより、家賃の半月分の仲介手数料を申し受ける不動産会社が増えてきています。 一方で、キャンペーンなどによって賃貸の仲介手数料をさらに割引する傾向も生まれてきており、仲介手数料がビジネス戦略において注目を浴びるようになってきています。